駿河屋2 

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

0

     

    PSP コープスパーティー Book of Shadows その13

    JUGEMテーマ:PSP全般

    7章
    白檀高校メンバー主役

    ネタバレ注意







    学校生活での回想が終わると、天神小へ。

    片山がトラップに引っかかって足を負傷してます。トラップだらけの天神小を負傷した片山を背負っていくより出口を確保して迎えに来た方がいいという凍孤の提案で凍孤と刻命と島田の3人で玄関へ出発。

    途中、保健室のドアにささりっぱなしだったカギを島田が勝手に取って遊んでたらどっかに飛んでいってもーた。あーあ。
    玄関到着。特に問題なくドアは開くようです。片山達の所に戻ろうとすると
    島田「こんな所にいつまでもいられるか!俺は先に逃げるぞ(要約)」
    島田、それ死亡フラグ。島田の態度にご立腹の凍孤は島田を置いて片山たちの所へ。
    刻命に対してもナイフを向けてみたり、どこまで死亡フラグ立てれば気が済むの、この小物。

    刻命と凍孤が片山達の所に戻ると、片山はもう衰弱しきってました。美月の声を聞いて凍孤がここで単独行動。
    結局美月は見つからず戻ろうとすると、またあの男の子の霊がデター!!玄関にいる人魂からアメジストを貰って男の子の霊を追い払って3Fに行くと片山既に死亡。そこにびしょぬれのまま戻ってくる島田。うずくまった所に子供の霊が囲ってるよ・・・。よくよく見ると腹部にナイフが刺さって死んでました。小物らしい末路でしたなあー。

    サチコも出てくるし、大山を迎えに行く恵美と刻命。上が騒がしくなったと思ったら死んだ片山と大川が踊り場に投げ出されてます。刻命ヤッチャッター!逃げようという恵美に刻命がそんな事するはずないと残る凍孤。あーあ。恵美はこのままプールまで逃げ出したんやね。


    案の定、凍孤は刻命に襲われかけるも、島田が弄っていた鍵を見つけなんとか保健室に逃げ込む。だから何で保健室・・・。
    刻命は落ちた凍孤の歯をガリコリ食べる始末・・・。おまわりさーん!

    サブタイトルの歯ってこういう意味かよww



    時間が少し戻ってさっきの踊り場の騒動の真実が明らかになります。死んだ片山を蹴落としたのは刻命だけど(片山を蹴落としたのも、片山を死んだと認めない大川の目を覚まさせるためやむなくやったって感じ)大川は自分ですっ転んだだけじゃねーか!
    それで「人殺し」と罵られるとか冤罪ってレベルじゃねーぞ。(コレ見るまで刻命が2人を蹴落としたんだとばかり思ってました)(刻命さん疑ってすいませんでした)(ジャンピング土下座)

    結局この一言が刻命が暴走するきっかけを作ってしまったのか・・・。
    0

       

      スポンサーサイト

      0

         

        Comment

        Send Comment







           

        search this site.

        S M T W T F S
        1234567
        891011121314
        15161718192021
        22232425262728
        2930     
        << September 2019 >>

        calendar

        categories

        archives

        recent comment




        パーツ

        QLOOKアクセス解析
        無料アクセス解析

        カウンターなど

        無料ブログ作成サービス JUGEM

        others

        ブログパーツ