駿河屋2 

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

0

     

    NDS 光の4戦士 -ファイナルファンタジー外伝- 感想

    JUGEMテーマ:ゲーム



    プレイ時間:約50時間

    古きよきRPGを彷彿させる王道RPG。
    ファルシがルシでコクーンでパージみたいな難解な固有名詞もなく、
    ヘラクレスの栄光みたいに、大どんでん返しな展開もなくただただ王道。
    やればできるじゃないかスクエニ。

    グラフィックは淡い雰囲気を再現したポリゴンが良い感じです。
    海ののりものや空を飛ぶ乗り物も終盤だけど手に入るから世界散策も可能。

    戦闘
    ランダムエンカウント。エンカウント率は中の下くらい。
    戦闘システムが、攻撃、魔法共に相手を指定できないという変な仕様。
    味方に対してのアイテム、魔法についても同じ。
    「なんでそっちを攻撃するんだよ!馬鹿!」みたいな事態になることはなかったけど、
    何でこんな変なシステムにしたんだろうか。
    逃げるコマンドが特定のクラウン(職業)にならないと存在しない。何でこんな(ry)

    アイテムが1人につき15個しかもてない。町の中にある預かり屋にアイテムを無尽蔵に
    預けられるとはいえ、少なすぎる。そういう訳なので、ダンジョンに入るときは、持ち物を
    かなり取捨選択しないと手持ちがすぐにいっぱいいっぱいになる。何でこんな(ry)


    クラウン(職業)
    隠しも含めると20以上。使えるクラウンと使えないクラウンの差が激しいというか、
    まともに使ったのは半分くらいしかなかったような気がする。


    4人それぞれキャラが立ってたし、サブキャラもいいキャラばかりだった。
    メイン4人が中盤までバラバラに動いていて、一緒になったかと思ったらすぐ離脱するしNPCは
    パーティ離脱の際、アイテム持ち逃げされるしでもうね。

    所々変なシステムが目についたけど、面白かったよ。


    0

       

      スポンサーサイト

      0

         

        Comment

        Send Comment







           

        search this site.

        S M T W T F S
        1234567
        891011121314
        15161718192021
        22232425262728
        2930     
        << September 2019 >>

        calendar

        categories

        archives

        recent comment




        パーツ

        QLOOKアクセス解析
        無料アクセス解析

        カウンターなど

        無料ブログ作成サービス JUGEM

        others

        ブログパーツ