駿河屋2 

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

0

     

    SFC ヘラクレスの栄光III その10

    3のサントラ欲しいなあ。

    ステイアの記憶が戻った!
    オケアノスに仕える巫女さんだった。オケアノスが海の神様ということも判明。
    わからなかったとはいえ、自分が仕えていた神様のオケアノスを傷つけたってのはこたえるね・・・。
    オケアノスの体内でメデューサの血もゲット。

    ステイアの異変に心配したり、記憶が戻ってどう呼ぶべきか困っているレイオン、
    イイヨイイヨーw
    宿屋に泊まると、ヘラクレスもステイアを心配してたりするけど、
    ステイア&レイオンのコンビが好きだなあ。

    記憶が戻るきっかけになったステイアの影をみて、ヘラクレスがこの影に記憶が
    宿っていることを思い出したらしく、残り3人の影を探してくるってことで、一時離脱。
    まあ血も集まったし、記憶はヘラクレスに任せて、こっちはアトラスを
    復活させにいこうか。

    アトラシアに戻ると、アトラス山に登れるようになってて、
    トランティアの王様(アルビオン)が同行することに。
    一国の王様のくせに、えっらい活動派やね。

    上りきったところで、魔物がふさいでいます。
    ウラノスいわく、ハデスが送り込んだ魔物らしいので、退治しようか。
    ・・・ってバオール?あのバオール??
    かれは人間だったんじゃなかったっけ??

    バオールを撃破して、山頂に到着。アトラスでけえなあー
    血を使いあと1つでアトラス復活というところで、プロメテウスが妨害。

    何をするだぁー!!

    詰め寄ると、この血は本来、人間が自らの行いを改めるための証に使うもので
    本来の使い方ではない、と。何で教えてくれなかったとレイオンが問いただすと、
    選ばれた人間だから、使い方は自分たちで判断しないといけないと。
    ああ、そうだった・・・。
    結局、使い方を誤ったので人類滅亡フラグ発動です。
    プロメテウスに山を降ろされたところで、記憶を持ってきたヘラクレスと合流。
    記憶とかもう、それどころじゃないです。そして大洪水。

    本当に、津波おこして人類滅亡させやがりましたよ・・・。
    ・・・・・・。

    たどりついたところは、約束の地のエーウスでした。
    ああそっか、ここは神々に仕えてた人がすんでたから無事なんだっけ。


    津波で記憶をなくしたことを謝るヘラクレスに、
    「知っている人たちはみんな海の底。
     記憶が戻っても何もいい事なんてないさ」
    と、レイオン投げやり気味です。まあそうだよね・・・。
    日記でも、不死の身体でなければよかったのにとか、ペガサスにのって
    幾日も飛び続けていたいと、すっかり沈んでます・・・。

    この事態にヘラクレスは納得いかず、ウラノスのとこに話をしに天上に行くと、
    ウラノスの方もご立腹。
    ウラノスの目的は、ゼウスの封印で天上から降りられなくて力を戻したいので、
    天上を支えているアトラスを復活させて地上に降りて力を取り戻したかったと。
    救いたかったのは、ガイアであって、ガイアを汚した人間など救うつもりも
    なかったらしい。バオールのアレっぷりな行動を聞くと、判らんでもないけど・・・。
    0

       

      スポンサーサイト

      0

         

        Comment

        Send Comment







           

        search this site.

        S M T W T F S
        1234567
        891011121314
        15161718192021
        22232425262728
        2930     
        << September 2019 >>

        calendar

        categories

        archives

        recent comment




        パーツ

        QLOOKアクセス解析
        無料アクセス解析

        カウンターなど

        無料ブログ作成サービス JUGEM

        others

        ブログパーツ