駿河屋2 

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

0

     

    SFC ヘラクレスの栄光III その11

    クリアした!
    引っかかったよーな終わり方で、何か複雑だった・・・。
    もちろんいい意味で。


    ペガサスで延々ととび続けても、やっぱり山岳地ばっかりで約束の地以外は全部沈んじゃってますよ・・・。
    ハデスの声が聞こえたかと思うと、冥界に引っ張り込まれてもーた!

    適当にうろうろしてると、町を発見。
    で赤い鎧の人の正体が判明。
    主人公君とどちらかだろうなとは薄々思ってましたが、
    こっちがバオールの息子だったのか・・・。

    ゼウスの津波で死んだ人は生前いた国ごとに町を作ってのんびり暮らしてます。
    いやいや、なんでそんなに馴染んでんの!?普通に暮らして問題がない分、
    逆に怖いです。ダイダロスやテミシオスもいますね。
    津波ではぐれたトランティア王がいません。まさかあの津波で生きているとは
    思えないですが・・・。とりあえず、ハデスのところに寄ってみますか。
    途中、ハデスに仲間と分かれさせられ、主人公君一人で乗り込む。

    「久しぶりだな、バオール」

    うえ?

    ・・・・・・
    ・・・

    主人公君=バオール

    うえええええ!!?なんだってー!!

    ってことは、赤い鎧の人は主人公君の息子!?
    うわ驚いた!

    魔物を率いて人間を滅亡させることを条件に新しい身体+不死を与えたのに
    主人公君は、未だ記憶喪失のままなので、ハデス様ご立腹。

    ウラノス、プロメテウス、ゼウス、ハデスでガイア救済計画をそれぞれ練っていて、
    救済した人が次期神様って事だったらしい。こいつら・・・。

    用無しとばかりに、お供とともに襲い掛かってきますが、さっくり撃破。
    神に逆らったからと姿を変えられ牢獄に落とされました。

    牢獄の先で時の神様とやらを発見。助けてくれるかなーとか思ってたら
    また飛ばされてもーた(笑)

    ついた先は、アトラス山の前。うわああ!そういう事か!
    ウラノスがアトラス山の前に居たバオールを前に、
    「ハデスが送り込んだ魔物だ」といったこと、「ハデスに邪魔をさせるな」と
    いったのはそういう意味だったんだなあ。

    アトラシアで見かけたあの女性が、主人公君に助言をしてくれるのは嬉しいんですが、
    反転が物凄くコワイです!先生!
    自分たちと戦闘突入ですが、ひたすら防御に徹すると流石におかしいと感じ取って
    くれたらしく、戦う理由がないと戦闘をやめてくれました。良かた!

    攻撃をやめたことでこっちを裏切り者扱いした挙句、いきなり襲い掛かってきた
    トランティア王を倒したあと、魔物だった主人公君(バオール)は消えてしまった。

    結果、アトラスを復活させずにすんだので、山を降りたところで、
    記憶を持ってきたヘラクレスと合流。
    レイオン、赤い鎧の人、そして嫌がる主人公君の記憶が戻って
    バオールの生前の悪行三昧〜主人公君が最初の町で目覚めるまで、
    全て判明するんですが、ヒドイ・・・ヒドスギル・・・(ノД`)
    そこいらの悪役に負けず劣らずだよ。。。


    記憶が戻っても、レイオンは自分のことを話したがりませんが、
    どーもヘラクレスによそよそしいなー。

    つか、日記こっそり覗いてたのバレテター!!(笑)

    やるべきことは終わって、一応世界を救った事にはなったけど、
    本当にこれでよかったのか、何か手放しには喜べんなあ・・・。

    ヘラクレスは天界に帰って、レイオンは旅をしに、ステイアはレイオン一人じゃ
    危なっかしいからとレイオンを追っていった。ああもうこいつら和むなあ〜w
    レイオンはヘラクレスの子孫でどうにか魔法を使えないか神殿を回っていたらしい。
    そういえば、ヘラクレス、魔法使えなかったもんな。

    残った赤い鎧の人は、もともとは、バオールを殺すために旅をしていたけど、
    自分でもどうしていいのかよく分からないから、主人公君と一緒に旅をしたいと。
    さがしていた父親が、まさか主人公君で、一緒に旅したとはいえ、
    そうそう許せないだろうし、かといって殺せないだろうし・・・。

    と言った矢先、主人公君冥界に落とされたー!
    やっぱり「よかったね」じゃおわれないよな・・・
    赤い鎧の人には悪いけど、やっぱ主人公君は生前の罪をちゃんと償わないとね・・・。

    つーか、赤い鎧の人がいろいろ振り回されて一番不憫な気がするヨ・・・。
    0

       

      スポンサーサイト

      0

         

        Comment

        Send Comment







           

        search this site.

        S M T W T F S
             12
        3456789
        10111213141516
        17181920212223
        24252627282930
        << November 2019 >>

        calendar

        categories

        archives

        recent comment




        パーツ

        QLOOKアクセス解析
        無料アクセス解析

        カウンターなど

        無料ブログ作成サービス JUGEM

        others

        ブログパーツ