駿河屋2 

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

0

     

    NDS ガチャピン日記DS 感想

    JUGEMテーマ:ゲーム



    裏パッケージで日記をブログといっているけど、タイトルの読み方は「ガチャピンにっき」なんだよね。
    ガチャピン日記の過去ログの一部をDSでも読めるって内容。
    ブログに上がっている写真をパズルにして、それをクリアするとその写真を上げた日記の内容が読めるっていったもの。
    ピースの数別に初級・中級・上級に分かれてて、それぞれ30かそのくらいあったと思う。本格的なものではないけど、ピースが回転できたりするしそこそこ遊べる。

    タイムアタックモードはブログの写真とは別にタイムアタック用の写真がいくつか動画になっててパズルを解いている間も画像が動いているのにはびっくりしたwこっちは、パズルを解いても日記が読めないみたいで残念。
    0

       

      NDS 降魔霊符伝イヅナ 感想2

      JUGEMテーマ:ゲーム



      おたまん狩り楽しいです。
      最初はなるだけ戦闘にならないように場所考えながらカエルを始末していたけど、
      ある程度自分が強くなってくると楽しくてしょうがない。

      シナリオはなんとか式神とひと段落ついたけど、今度は村の外に出られないw。
      装備品にひっつけていた霊符を敵に燃やされて涙目・・・。装備はずすしか回避策がないのがあんまりすぎるよー。シレンでは、死ぬのは自業自得みたいなところがあって、あー次頑張ろうって思えるけど、自衛策が取れないトラップとかにかかって死ぬ場合があるから、あーふざけんなってのが最初に来るんだよなー・・・。でもまだやるけどw

      24Fあたりまでいったけど、まだ底が見えない。どこまであるんだろ・・・。
      0

         

        NDS 降魔霊符伝イヅナ 感想

        JUGEMテーマ:ゲーム



        掛け持ちで始めました。
        トルネコ・シレンタイプのレベル蓄積型のダンジョンRPG。
        タッチペンは一切使わなくて、ボタン操作のみ。無理にタッチペン使わせようとしてるゲームはちょっとは見習えー。必ずタッチペン使わないといけないって訳じゃないんだし。
        掛け声とかを一言二言ボイス付きでしゃべってくれるのはいいね。
        ショートカットがかなり充実してる。わざわざアイテム欄開かなくても飛び道具が使えるのは便利だし、前後左右斜めの向き変更も簡単。

        壁◎壁
        123
        ↑のようなT字路で、1と3の敵に攻撃が届かないのがちょっと不便。
        (◎は自キャラ。)

        武器・防具に特殊効果のある札をひっつけられたりできる。
        焼付けの説明で一部の能力が引き継げるってあったから、特殊効果も引き継げるのかと思ったら、攻撃力とか、札の許容量とかの数値的なものだけとは・・・。
        必死に特殊効果付けて焼き付けてた自分涙目ww
        焼付けしても、特殊効果が追加された記述がないからおかしいとは思ってたんだw

        シレンみたいに倉庫の壷がなくて、すぐ手持ちが一杯になるから大変。(全滅したら、手持ちの道具が倉庫にいくようにする道具はあるけど)

        村からダンジョンに入るとき、確認のようなものがないからうっかりダンジョンに入ることもしばしばあるwダンジョンに入る前に確認メッセージなりのワンクッション欲しかった。帰還の札をもってないとオワタ状態。
        あとダンジョン内のトラップが、武器振ってもあぶりだせないし、目薬草の様な確認するアイテムないし、火炎の罠でせっかくもっていた帰還の札を狙い済ましたように全部灰にされたときはさすがに殺意がわいたw

        0

           

          NDS 天元突破グレンラガン

          JUGEMテーマ:ゲーム



          再放送分に合わせて進めているので、最悪週一回1話しか手を付けられないww
          現在3部に入ったところまでプレイしてます。DVDはまだみてない。


          続きを読む >>
          0

             

            NDS DEATH NOTE 〜Lを継ぐ者〜

            JUGEMテーマ:ゲーム



            ストーリーは最初から最後まで。細かいところは所々はしょってあるけど
            そこはしょうがない。
            新しく書き下ろしたっぽい絵もあるし、原作の絵をそのまま持ってきたのもぼちぼち。

            キラ側にたって、どうやってトラップにはめるか、
            L側にたって、どうやってトラップ回避して追い詰めるかって駆け引きが面白い。
            最初は訳わからんうちにゲームオーバーになったりしたけど、慣れてくると
            結構はまる。ハードモードになると、キラ側になったときのLのトラップ回避が
            ムカつくくらいにタイミングよすぎるw

            ハードモードをクリアしたら出てくる隠しシナリオが違和感なくていい出来。

            0

               

              search this site.

              S M T W T F S
                   12
              3456789
              10111213141516
              17181920212223
              24252627282930
              << November 2019 >>

              calendar

              categories

              archives

              recent comment




              パーツ

              QLOOKアクセス解析
              無料アクセス解析

              カウンターなど

              無料ブログ作成サービス JUGEM

              others

              ブログパーツ